■ プリーツ製品の洗濯方法

1) 合成繊維の場合

中性洗剤を30℃?40℃のぬるま湯に溶かして(ぬるま湯6リットルに中性洗剤大さじ6杯位)よくあわ立てます。
この中に製品をつけ、軽くふり洗いして汚れのひどいところは、プリーツの線にそってブラシでこすってください。(できるだけ洗濯機はさけて、もし用いる場合には、30℃以下の洗浴の弱水流で洗ってください。)
すすぎはしぼらずに水を軽くふりきり縫い目のシワをのばしてハンガーなどにかけて、かげ干しをしてください。直射日光は不可。できればヒダは両側から手でたたいて附着させ、シワをのばしておくこと。
干し方はスカートの場合にはウエストを洗濯バサミで数カ所吊って干すか、製品についているヒモをロープに通して吊してください。乾燥機は好ましくありません。

2) ウールの場合

ウール製品は原則としてドライクリーニングにお出しください。
もしやむをえずご家庭で洗濯される場合には、「コープセフター」などウール用洗剤が市販されていますので、これを溶かした30℃?40℃程度のぬるま湯の中で、もまずにふり洗い、又は軽く押し洗いをしてよくすすぎます。
しぼらずに水を押し出しハンガーにかけて、直射日光をさけ裏返して風通しのよい日かげで干します。羊毛は温度で大きく変化するので人工熱など高温での急激な乾燥は厳禁です。
ウールと合成繊維との混紡製品の場合でもドライクリーニングの方がベターです。
なお、ドライクリーニングの場合はクリーニング店に次のことを指摘してください。
溶剤はミネラルターベンなどの石油系か低沸点のパルクレンなどのフッ素系を用いること。一般によく使われるパークロルエチレンは羊毛繊維表面にある油脂分を熔解する力が強く、洗濯後、水に濡れやすくなりプリーツがのびたり、シワがつきやすくなるので使用はさけてください。
ドライクリーニングでの乾燥の場合、原則としてタンブラー乾燥は避けてください。もしタンブラー乾燥する場合は30℃以下の冷風を用いてください。その他ドライクリーニングに関する諸注意点は、お問い合わせいただければ詳細をご指導致します。

3) アセテートの場合

水洗いの洗濯ジワはとれにくいのでドライクリーニングがベターです。もし水洗いの場合は合成繊維の選択方法に準じて行ってください。

4) 絹の場合

原則としてドライクリーニングにお出しください。その際、もしできれば撥水加工を施してもらってください。プリーツのもちがよくなります。
やむをえず水洗いされる時は、中性洗剤を用いてふり洗いをし、乾燥は直射日光を避けてください。

5) 綿、麻、レーヨンの場合

基本的には水洗いですが、プリーツ製品についてはドライクリーニングをおすすめします。その場合、油汚染のないように充分な注意とヒダ保持のために水分量は少なめにしてください。